薬指にギュッと込めた夫婦の愛【結婚指輪は永久不滅のアイテム】

笑顔の夫婦

結婚の証としての指輪

ウェディング

人気のデザイン

結婚した証として、双方が左手の薬指に身につける指輪を結婚指輪と言います。婚約指輪と比べて、デザインは比較的シンプルにまとまっているタイプが多い傾向にあります。その理由としては、結婚後に毎日身につける指輪であると言うことが言えます。結婚指輪には多種多様なデザインがありますが、前述したように毎日身につける指輪ということを考慮し、誰にでも身につけやすいシンプルなデザインがベースとなっています。最も人気を得ているのは、装飾が無くアーム部分が直線状のストレートなデザインです。結婚指輪の定番とも呼ばれているデザインであり、男女供に抵抗無く身につけることが出来るタイプです。その他、アーム部分に動きがあるタイプだったり、重ね付け可能なもの、イニシャル入りタイプなどもあります。近年では、チタン・ジルコニウムなどの新素材を用いたり、様々なデザインにも対応可能な幅広タイプの結婚指輪も、個性や存在感、重量感がある、体型とのバランスがとりやすいなどの理由から人気を得ています。

儀式としての定着と由来

永遠の愛のシンボルとも呼ばれている結婚指輪の原型は、エジプト時代に端を発します。元々は力の象徴として身につけていた指輪が、ローマ時代になってから婚姻の証へと変化しました。今のように、結婚指輪の交換が定着したのは、西暦1000年台だと言われています。薬指に結婚指輪を着けるようになったことには、いくつかの説があります。左手は信頼・薬指は愛情を意味しているからという説、左手の薬指と心臓の血管が直接繋がっているという説などがあります。結婚指輪は、一般的に双方同じデザインの指輪を選びます。しかし、好みや雰囲気は人それぞれであることから、互いに異なるデザインのリングを選ぶカップルも少なく無いと言われています。