薬指にギュッと込めた夫婦の愛【結婚指輪は永久不滅のアイテム】

夫婦

指輪の細部とは

ハート

結婚指輪のデザインにこだわる場合はアームのデザインにも注目してみましょう。アームは指輪全体の印象を左右します。結婚指輪の中でもソリティアタイプの指輪は不動の人気を誇っています。またアームデザインはシンプルなストレートタイプを支持する夫婦が多いのです。

詳しく読む

結婚の証としての指輪

ウェディング

結婚指輪は、結婚の証として左手の薬指につける指輪です。結婚後には毎日身につけることが一般的であるため、デザインはシンプルなものが多い傾向にあります。結婚式の儀式として結婚指輪の交換が定着したのは11世紀頃と言われており、結婚指輪を左手の薬指にするようになった由来は様々です。

詳しく読む

後悔しない物を買おう

指輪

既婚者の証として一生身につけるのが結婚指輪です。したまま家事をしたり長い間する事を考えてシンプルで変色しないゴールドやプラチナの指輪が人気があります。婚約指輪と同じ店で買う事も多いのでブライダル専門店がお勧めです。良いダイヤが買える可能性が高くサイズ直しなどのアフターサービスも期待出来ます。

詳しく読む

生涯大切にする指輪

男女

特別な指輪

結婚指輪は友達とのお出かけからお葬式まで多様な場所で身につけられるアクセサリーです。そのため指輪が好きな男女だけでなく、ファッションに興味が高い人にとっても魅力的なアイテムなのです。またそのデザインも豊富であり、名のある名匠からブランドメーカーまで多彩な結婚指輪を制作しています。和風から洋風まで夫婦の個性にあわせて選べる点がお得です。何より結婚指輪は夫婦が生涯身につけるものですから、高価なものを購入する事ができます。普段使いのアクセサリーは節約して安価なものを買っていても、結婚指輪では本当に手を伸ばしたい商品を手に入れられるのです。結婚指輪はクールなデザインのものからキュートなものまで多様な種類が存在していますからデザインにもこだわりましょう。薬指にギュッと込めた夫婦の愛が表れているので、見る度に幸せになれるのではないでしょうか。

宝石によって異なる

結婚指輪は宝石をあしらう数やその取り付け方によって種類が分かれます。一般的にゴージャスなデザインとして知られているソリティアタイプの結婚指輪は指輪の中央に大きくダイヤモンドを載せられるのです。立て爪の高さは商品ごとに異なりますので、できるだけ機能性を追求したい場合低いタイプのソリティアを買いましょう。ソリティア以上に結婚指輪に宝石を取り入れたい場合、アーム部分にも宝石をあしらっているパヴェを選びます。パヴェはエタニティリングとは異なり細かな宝石をアームに取り込むのが一般的です。パヴェ以上に大きな宝石を使いたい場合はメレタイプの結婚指輪を選びます。メレであればダイヤモンドと一緒に別の宝石を選択したい人によっても選びやすいのです。