スロージューサーの魅力とは【低速回転で絞るジューサー】

自宅で野菜ジュースを作ろう

美容や健康のために注目される野菜ジュース!市販品を購入するだけでなく、自宅で作ることもできます。自分で選んだ食材を使い、お好みの野菜ジュースを作りましょう。

栄養を逃さないスロージューサーで野菜ジュースを作ろう

ジュース

スロージューサーが注目されている

野菜ジュースを作るためには、どのような方法で作るかも大切なポイントです。食材を少しずつ手で搾る方法がありますが、手間が掛かり面倒ですよね。そのような想いをしないためにも、電化製品を使うとよいでしょう。野菜ジュースには、ドロッとしたものやサラッとしたものなど、いろいろなタイプがあります。電化製品を選ぶときは、お好みのジュースが作れるかどうかも大事です。スロージューサーはスクリューの低速回転により、食材をまんべんなく搾っていきます。また、サラッとした口当たりのジュースができる点でも注目されています。

野菜や果物の栄養を壊さない

食材の栄養素をどれだけ摂取できるのか、野菜ジュース作りのためには知っておきたいですね。高速回転するジューサーを使うと摩擦熱が生じます。その結果、食材に含まれる酵素にダメージを与えてしまうのです。一方、スロージューサーは回転がゆっくりのため、酵素をしっかり摂取することができます。また、野菜や果物の栄養を壊さないことも大きな特徴です。さらに、使用中に食材が空気に触れることも少ないため、酸化しにくいメリットでも重宝されています。

スロージューサーの使い方

部品をセット

部品を手順に従って本体にしっかりセットします。フローズンドリンク作りなど、用途に合わせて使い分けが必要な部品もあります。なお、初めて使用するときは、薄めた中性洗剤(台所用)とスポンジで部品を洗います。

スイッチを入れる

電源プラグをコンセントにつないでスイッチを入れます。電源プラグはきちんと差し込むことが大切。また、濡れた手で扱うのは厳禁!感電の恐れがあります。スイッチに触るときも同様です。

食材を投入

下ごしらえした食材を投入口から少しずつ入れていきます。必要に応じて押し棒を使います。ただし、指はもちろんのこと、スプーンなども入れてはいけません。なお、食材は投入口の大きさなどを意識しながらカットしましょう。

スイッチを切る

ジュースを搾り終えた後はスイッチを切ります。完全に止まったことを確認してから、コンセントから電源プラグを抜きましょう。そのときも、濡れた手で触らないことが大事です。

後片付けをする

受け容器(ジュース用、搾りかす用)をはじめ、使用した部品を本体から外して洗います。汚れがひどいときは、中性洗剤(台所用)を薄めて使いましょう。時間が経つと汚れが乾いて落ちにくくなるため、速やかに洗うことがポイントです。

スムージーの次はスロージューサー

食材の栄養素を効率的に摂取したい人にとって、スロージューサーは大変魅力的な存在です。ジュースを作る過程で「搾りかす」を分離させる点が大きな特徴。スムージーなどが作れるスロージューサーもあります。

初めてスロージューサーを買う人向けのQ&A

スロージューサー選びのポイントは?

手入れ方法も含め、使いやすい製品を選ぶことがポイントです。食材をカットする手間暇を軽減するには、投入口の大きいものがよいでしょう。

スロージューサーは高いものなの?

果肉入りジュースが作れるなど、いろいろな製品があります。購入時の価格はもちろんですが、消費電力や使い勝手などを考慮したうえで、総合的に判断しましょう。

製品のアフターサービスは?

スロージューサーを使っていくうちに不具合が出てくる可能性もでてきます。そのときに備えて、アフターサービスについて調べておきましょう。保証書の保管も大事です。

広告募集中